エントリー

先輩

廣村 響一

支援員

いろいろな方たちとと関わるという貴重な体験ができる

廣村 響一 さん (ハビリポート若竹)

金沢北稜高等学校

平成27年卒業

福祉の道に進んだキッカケは?

もともと、お年寄りの方が好きで、介護に興味がありました。しかし、あまり人とお話しすることが得意ではないため、少し不安がありました。そして高校では、福祉について学び、もっと介護について知りたいと思うようになりました。また、実習など体験していくことで、お年寄りとふれあうことの楽しさを知ることができたため、福祉の道に進みました。

陽風園を選んだ理由は何ですか?

陽風園には、他の福祉施設にはない、総合福祉施設であり、いろいろな方たちとと関わるという貴重な体験ができることに興味を持ちました。その中でも障害者支援というものに興味があり、今までは、お年寄りについて学んできたため不安でもありました。しかし、知らないことをもっとしることのできる施設だと思ったので陽風園を選びました。

どんな仕事を担当していますか?

私が担当している仕事は主に、障害のある方の食事介助や排泄介助などです。お年寄りの方とは違い障害のある方たちなので、コミュニケーションは言葉だけではなく、顔の表情や身振り手振り、何を伝えたいのかをしっかりと理解することが大切です。しかし、利用者の方が何を伝えたいのかを理解することができた時、やりがいを感じることのできる仕事だと思います。

職場の雰囲気はどんなかんじですか?

職場の雰囲気は、とても明るく、活気がある職場です。初めは、介護の職場はどのような感じなのか、とても不安に思っていました。しかし、仕事をしてみると、利用者の方も職員の方も明るく元気であることがわかりました。毎日仕事をしていくうえで、活気がある職場は、仕事のモチベーションの維持に繋がるため、とてもいい場所で働けていることに感謝しています。

仕事で辛い事と楽しい事を一つずつ挙げてください

仕事で辛いと思ったことは、利用者の方が亡くなってしまわれる事です。昨日まで楽しく会話をしていた方が急に息を引き取ってしまうことも珍しくありません。しかし、多くの方と出会い、関わっていくことができます。たくさんの楽しい思い出ができ、自分自身の成長にも繋がっていくことが仕事をしていて楽しみに感じています。

陽風園に就職して良かった事はどんなことですか?

陽風園に就職して、多くの事を学び、多くの事を知ることができました。就職始めの新人研修では、実技や介護についての知識など手厚く指導していただきました。介護という仕事に不安をもっていても安心して仕事に臨むことができました。そして、自分自身の成長に繋がっていくこと、多くの方と関わっていくことのできる貴重な体験ができます。

就職活動中の方々に向けての一言

介護について少しでも興味があれば体験してみるのも悪くはないと思います。頑張ってください。